記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南阿蘇 癒しの里  熊本

やっとこさお世話になっている地域の温泉や観光地の紹介
近畿一円、高知、熊本が主になりますか
プライべートで訪れたところも含みます
少しでもご参考になりましたら

とか言いつつ第一弾は今現在営業されていません
あの崩落した阿蘇大橋から直線で1キロ程度しか離れていなかったため被害が甚大なのか現在も休業されています
今回初っ端をここにしたのは、とてもお気に入りの宿だったので復活の願いを込めてです
DSC_6103.jpg
山にあり入り口はお寺の門みたいになっています。周りはお店とかなくとても静かで癒されます
因みに写真は9月と3月に行っているので混ざっています

DSC04605.jpg
客室は2個一の平屋なので上の階のドスドスとかはありません

DSC_6768.jpg
部屋がこれまた落ち着く。一応下のランクなのですが結構広いので家族余裕です

DSC_6771.jpg
部屋のお風呂。湯量が豊富なので到着後空っぽの所から入れて下さるのですが速攻で一杯になります。本当に贅沢です

DSC04597.jpg
こちらは家族風呂の並びで、立寄り湯もあります。宿泊客はタダで入れます

DSC_6775.jpg
家族風呂。大浴場や客室のお風呂より湯温は少し高めです。熱いの苦手なんで部屋ので良いかな

DSC04564.jpg
こちらは大浴場。少しぬるめですが丁度良かったです。しかし誰も居ない・・・ので最高に贅沢です

DSC04573.jpg
南阿蘇の温泉と言っても源泉が違うと全然変わってくるので一様には言えませんが、ここのお湯は大好きです。平山、山鹿、植木、立願寺のようなインパクトはありませんが、とにかく優しい
メタケイ酸、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素イオン、硫酸イオン、なんか色々と豊富なんですが、低張性で中性だからか滅茶苦茶入りやすいです。のぼせ難いし優しいしので、直ぐにお気に入りになりました

DSC_6121c.jpg
サービスショット。要らない?え?これから度々出てくるよ?ごめんね
澄ました顔してるけど嫁に自慢しようとセルフタイマー押して飛び込んだので実際ハァハァ

DSC_6126.jpg
食事処へ

DSC_6135.jpg
他にも何品かは出てきます。基本的に美味しいです。が高級感はないかな。驚きはないけど間違いなく美味しいやつです

DSC_6145.jpg
これ、岩塩の上で焼くので大変珍しく特許がどうとか、だからどうかと言われたら・・・岩塩なので伝わる熱の波長が長く、中まで入るので旨味を逃がしません・・・ような気がしないでもないです。知らんけど

DSC04600.jpg
何となく綺麗かったので

DSC_6809.jpg
朝から温泉に入れるのが今自分にとって一番の贅沢です

DSC_6164.jpg
朝ごはんも結構美味しい。一つ一つご飯を炊いてくれるので堪らなく旨いです。やっぱり米がええわ

DSC_6821.jpg
で、朝ごはんから帰ってきたら部屋がこんな景色だったんで思わず遅刻しかけました。本当に静かな所なので、それも相まって隔離された空間にいるような、何とも言えない時間でした。

3月に行った時まさかこんなことになろうとは
営業再開したら絶対行きます
従業員の女の子、めっちゃ頑張ってたのにな






meitoku.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。